agaの症状と治療方法を解説します

額の中央部やサイドの生え際、または頭頂部の髪の毛の量が徐々に減っていき、ほとんど生えて来なくなったらagaの疑いがあるので、早めにお近くの医療機関で治療を受ける必要があります。皮膚科でも診察を受けることが出来ますが、aga専門病院の方が最新の治療法を導入しているので、高い改善効果を期待できます。病院によって違いますが、プロペシアやミノキシジルなどの薬を使ったり、育毛成分配合の薬剤を頭皮に直接注入するなどの治療法で、健康的な髪の毛が生えてきやすい状態に導きます。自分の毛を移植する、植毛という方法でも髪の毛を量を増やせるので、どの方法が自分に合っているのかわからないときは医師に相談して、決めてもらうようにしましょう。カウンセリングだけなら無料で行ってくれる病院がほとんどなので、悩みを打ち明けるようにしてください。

agaの症状のパターンは人によって違います

30代~40代の年齢になると薄毛の症状を自覚する人が増えますが、これはagaと呼ばれる男性型脱毛症のことで、壮年性脱毛症ともいいます。中年期から始まる人が多いですが、遺伝やストレス、生活習慣などによって起こると考えられているため、10代や20代のうちから進行する人もいます。病気が原因による薄毛や、ストレスによる一時的な脱毛とは違って、agaの場合はいきなり薄くなるのではなく、5~10年ほどの時間をかけてゆっくり進行していきます。額の中央部の生え際から薄くなるU字型、額のサイドからMの形に薄くなっていくM字型、頭頂部から進行していくO字型など、人によってさまざまな症状のパターンがあります。M字型とO字型が同時に進行する複合型の人もいるので、それぞれに合った治療を行わなくてはなりません。

agaの治療方法は専門病院の判断に任せる

agaに効果がある薬は複数ありますが、一般的に専門病院で用いられるのは、プロペシアとミノキシジルになります。プロペシアはagaの原因であるDHTの分泌を抑えられるので、皮脂腺の活動を抑制し、抜け毛を防ぐ効果があります。ミノキシジルには血管拡張効果があるため、毛根付近の毛細血管の拡張を促し、毛乳頭細胞を活性化させ、健康的な髪の毛が生えてきやすい状態に導きます。他にも、数種類の成長因子を配合した薬剤を頭皮に注入し、毛乳頭細胞に直接アプローチし、髪の毛の成長を促すHARG療法と呼ばれる方法があります。それでも効果がなかったときは、自毛植毛を行えば、薄毛の部分をふさふさの状態にすることが出来ます。agaの治療方法は専門病院の判断に任せた方が良いので、まずはカウンセリングを受けることから始めましょう。

額の生え際が後退してきたなと感じたらAGAかもしれません!agaには進行にあったケア方法があります。 agaには遺伝も大きな要素の一つです。 将来のために遺伝子検査だけを受けることも可能です。 AGAの進行パターンは一つではありません。 agaは進行性!治療しないと髪の毛が減り続けます。 一種類だけの投薬治療だと増毛効果が期待できない場合も多いです。 池袋徒歩1分のaga治療専門クリニック