agaについてそして症状と治療方法を分かりやすく紹介します

男性の薄毛の悩みは、世界共通の悩みです。日本人の場合、若い世代でagaに悩む人が増えています。agaとは、男性型脱毛症のことです。agaは、ストレスや遺伝、生活習慣の乱れなど、様々な理由で発症します。現在、男性型脱毛症を発症している人は、全国に1200万人以上いると考えられています。病気によって毛が抜けてしまった人や、円形脱毛症で毛が抜けてしまった人以外は、ほとんどが男性型脱毛症による抜け毛なのです。男性型脱毛症は進行性なので、放っておくと薄毛はどんどん進行します。ですから、抜け毛が多くなったと思ったら、放置せずに専門クリニックでチェックしてもらった方が安心です。最近は、agaの専門クリニックが増えており、無料のカウンセリングを行っているところも多いです。

agaを発症するとどのような状態になるか

最近、様々なメディアで若年性脱毛症、壮年性脱毛症という言葉が出てきます。若年性脱毛症と壮年性脱毛症は、agaの発症する年齢によって区別されています。10代から30代前半で発症する場合を若年性脱毛症と呼び、30代後半から50代にかけて発症する場合を壮年性脱毛症と呼びまます。agaを発症すると、頭頂部や生え際が少しずつ薄くなっていきます。毛髪のサイクルが正常に保たれていれば、薄毛になる心配はありませんが、毛髪のサイクルが乱れると、薄毛の症状が進んでいきます。
毛髪のサイクルの乱す原因のひとつが、DHTです。DHTは、男性ホルモンの一種で、男性の体にとって重要な働きをするホルモンです。しかし、思春期を過ぎると、DHTは男性型脱毛症や前立腺肥大症、ニキビなどを引き起こすようになります。

男性型脱毛症の治療方法について

DHTは、男性ホルモンが酵素の作用によって変化したものです。DHTが男性ホルモンの受容体と結合すると、毛髪のサイクルを乱してしまうのです。現在、agaの専門クリニックでは、主に外用薬や内服薬を使った治療を行っています。男性型脱毛症の治療薬は、男性型脱毛症の原因とされているDHTを抑制することで改善へと導きます。昔は、育毛剤などの外用薬が男性型脱毛症の治療の中心でしたが、最近は内服薬による治療も増えています。また、薄くなっている部分に健康な部分の髪を移植する植毛も、注目を集めています。外用薬も内服薬も、専門クリニックで処方してもらえます。専門クリニックでは、最初に無料のカウンセリングがあり、頭皮や毛髪で悩んでいることがあれば、何でも相談することができます。