agaについてとその症状と治療方法を解説します

薄毛の症状が一度起こると、勢いは増すばかりで、その人の外見を大きく様変わりさせてしまいます。そういった変化を鏡で見つめるたびに、自信を失ったり、ストレスを募らせるケースも少なくないでしょう。しかし薄毛を発症してもそこで早急に適切な対策や治療を講じることによって症状を改善させることは可能です。とりわけその原因として注目を集めているのがagaという病気。もしもあなたの薄毛がこのagaによって引き起こされているものだとしたら、身の回りのクリニック、あるいは薄毛治療専門クリニックなどを受診して治療するだけで失った頭髪を取り戻すことができるのです。それではこのaga とは具体的にどのようなメカニズムによって発症する病気で、またその治療法とはどのようなものなのでしょうか。

agaの発症によって薄毛が引き起こされるメカニズムとは?

このagaという病気の発症原因はまだ完全には解き明かされていない部分があるのですが、その大きな要因を占めるものとして遺伝があります。とりわけ母方の遺伝子による影響が強く、母方の祖父が薄毛だと発症の可能性が高まるといわれます。そして男性ホルモンが体内を巡る中で頭皮の特殊な酵素5αリダクターゼと反応することでDHTという物質を作り出す中、agaを発症すると頭髪の根本にある毛乳頭がこのDHTに対して過剰な反応を引き起こし、即座に毛細血管からの栄養分の吸収をストップさせて細胞分裂を鈍化させます。こうして徐々に頭髪の成長サイクルは乱れていき、髪の毛質そのものも細く弱々しくなっていき、最終的には抜け落ちて薄毛が広がってしまいます。本来ならばこうして抜け落ちると次の新たな毛髪が成長してくるものですが、退行期や休止期が長引くことで毛髪が生えない状態が続き、最終的には毛包が縮小し、消滅してしまうのです。

医療機関におけるaga治療にはどのようなものがあるのか?

agaは然るべき医療機関で治療すると改善することも可能です。ただしその治療には保険が適用されませんので全額負担となります。一般的にはフィナステリドという成分を含むプロペシアなどの錠剤を服用することで5αリダクターゼの働きを抑制してDHTの分泌を抑え、さらにミノキシジルを配合した外用薬を使って頭皮の毛細血管を拡張させて血流を高めることでそれに含まれる栄養分の補給を容易にします。こうした飲み薬と塗り薬の効果によって治療することができますが、他にも専門クリニックでは毛穴の汚れを除去するヘッドスパを施したり、成長因子や栄養分を混ぜ合わせた薬品を頭皮に注射したり、または自毛や人工毛を植毛することなどによって症状を改善することも可能です。まずはどこの病院でどのような治療が受けられるのかを調べた上で受診先を決定することが求められます。