agaの症状と治療方法を分かりやすく紹介します

薄毛が気になる時、agaかどうか悩むことがあります。agaは男性型脱毛症とも呼ばれ、生え際が後退しM字型になり後頭部だけ髪の毛が生えていたり、頭頂部が薄くなり側頭部のみ残ったりします。20代のうちから徐々に薄くなっていくのが特徴で、原因として遺伝の他、ストレスや生活習慣の乱れ、暴飲暴食といったことがあげられます。気が付いたときにはすでに進行していることが多く、適切に治療を行わないとどんどん脱毛していってしまいます。できるだけ早くagaと気が付き、aga専門の医院にて治療を行うと薄毛を食い止めることができます。治療には薬を用いますが、薬の服用は長期間に及びます。薬を服用してもすぐに効果は現れませんが早くて3か月から実感することができます。

agaの症状はどういったものなのか

男性型脱毛症であるagaは、初期の段階では薄毛になっている時が付かないことが多いです。急に排水溝に髪の毛が詰まりやすくなった、分け目が広がってきた、枕に髪の毛が多くついている、短い髪の毛が生え際に生えているということが起きている場合は、agaが進行している可能性があります。agaの場合、薄毛のパターンがあります。生え際が後退しM字型になるもの、頭頂部が薄くなりO型になっていくもの、その両方が起こるものです。どの場合も、ヘアサイクルが乱れていることにより起こり、髪の毛の成長期間が短くなるので、退行期が早く訪れ全体的にハリがなく、丈夫でない髪の毛が目立つようになります。頭皮の中には毛根は存在しているので、治療を行い、発毛を促すことが必要になります。

治療はどのように行われていくか

agaの治療法には、育毛剤を使用する、ミノキシジルやプロペシアといった薬を服用する、自毛植手術を行う、頭皮マッサージを行う、メソセラピーを行うなどの方法があります。ですが、agaの場合、市販されているような育毛剤では効果が出にくく、薄毛をストップさせる力はないため進行していってしまうこともあります。aga専門の医院では、血液検査を行い、異常がないと認められたらミノキシジルやプロペシアといった薬を使用します。ミノキシジルは外用薬としてドラッグストアで購入できますが、プロペシアの場合は医療機関でないと処方されません。これらの薬は使用してすぐに効果は現れません。これは髪の毛のサイクルが関係しているためです。少なくても3か月以上は続ける必要があります。