agaの症状と治療方法を初心者にも分かりやすく解説します

多くの男性の薄毛の症状はagaの症状であるといわれています。これまで、agaによる薄毛の症状は、改善させるための手段が特になく、薄毛の進行を止めることができませんでした。しかし、最近では、aga専門のクリニックが多くできてきて、治療を行うことができるようになりました。治療効果については、個人差がありますが、多くの人が薄毛の進行予防に効果を実感しています。ですから、薄毛だからといって、あきらめる必要性はなくなったということがいえます。まずは、検査を行ってみて、自分がagaかどうかを判断することが大事になってきます。最近では、遺伝子検査などで簡単に自分の状態がわかるようになっていて、薬が実際にどのくらいの効果が得られるのかということも知ることができるようになっています。

agaの症状はどのようなものか

agaの薄毛といっても、一気に髪の毛が抜け落ちていってしまうわけではなく、徐々に髪の毛が細くなって、抜けていくという状態が症状の特徴の一つです。ですから、最初の内はまだ生えている髪の毛でカバーすることができます。しかし、agaの症状は進行していくので、いずれは頭部の広範囲の部分が薄毛になって、頭皮が見えるようになります。頭部のどの部分が薄毛になるのかということに関しては、人によって違いがありますが、主に頭頂部から広がっていくタイプと前頭部から広がっていくタイプが多いです。後頭部や側頭部の毛髪については、薄毛になることはほとんどありません。症状が出現する時期としては、20代から30代くらいの比較的若い時期から薄毛が始まるパターンが多く、対策としては早ければ早いほどよいとされています。

agaの治療方法は内服薬と塗り薬が基本

agaの治療といっても、それほど多くの治療法があるわけではなく、基本的には内服薬と塗り薬による治療が基本となります。まず、内服薬については、agaの原因とされているホルモンを抑制する薬を服用します。この薬を服用することによって、髪の毛の成長が止まっていた髪の毛の成長を促すことができるので、髪の毛が細くなってすぐに抜け落ちてしまうといった状態を予防することができます。服用の方法としては、1日1回1錠を服用するという内容になっていて、長期的に服用することが大事になってきます。塗り薬については、頭皮の血行を良くする効果のある塗り薬を頭皮に塗布するという方法で行います。この2つの治療法を組み合わせることにより、身体の内側と外側から発毛を促進させることができます。